人気ブログランキング |

札幌市中央区宮の森界隈


by miyaforest

<   2007年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

J2優勝の日

d0017205_0573550.jpg


ONE & ONLY

欧州人は、
「女房は途中で変えられるが、好きなサッカーチームは絶対に変えられない」
と言う。
確かにその通りだ。
弱いチームだろうと、負け続けようと、応援し続けるチームは、このチームなのだ。

1996年にJFLに加入。
翌年、フェルナンデス監督のもと、パルデスやウーゴ・マラドーナなどの活躍でJFL優勝。
天王山のフロンターレ戦を敵地で劇的に下した一戦は忘れ難い。
熱いサポーターとともに、リアルタイム中継のお手伝いをした。
Jリーグ参戦により、サッカー観戦がますます面白くなる。
室蘭でベルマーレの中田の活躍を観た。
今も現役だが、磨きのかかった川崎のカズの働きぶりなども厚別で観戦。
横浜フリューゲルスの最後のリーグ戦は、アウェイ席の横浜サポーターの後ろで観戦。
歴史的な一戦を見届けられた。チーム消滅決定後、フリューゲルスは天皇杯まで無敗。
素晴らしい記憶を残してくれた。

98年は一部参入決定戦で、福岡と対戦することになる。
雪の室蘭は寒かった。福岡のサポーターは裸で応援。
引き分けでもいい試合のはずが・・・。
戦力外通告を受けていたGKのディド。
最後は攻撃にも参加して反撃を受ける。最後はボロ負け。
室蘭から帰るJRの車内は、まるで通夜だった。

99年、岡田監督就任。一年目はJ2の5位。
翌年の2000年は強かった。
吉原はG大阪へ移籍したが、エメルソンは頼りになった。
ゴール前でボールを持てば、必ず何かしてくれそうだった。
この年は、J2同士でも、レッズとの対戦は燃えた。
厚別もレッズ戦は売り切れ。
ベルマーレ戦のアウェイで昇格決定。
その日は、富良野でボランティア中。
アウェイへ応援に出かけていた職場の仲間から、携帯で結果を知らせてもらう。
昇格を祝う酒はうまかった。
厚別に戻って、ホームでJ2優勝決定!
家族4人でサポーター席でダンスする。

それでもエメは、川崎へ。なんで行っちゃうの~。と、みんな思っていた。
その穴を2001年、ウィルが見事に埋める。
播戸、山瀬が活躍していたが、この年に曽田と今野が入団。
11位で残留したが、岡田監督が退団。
引退試合は、ドームで飾れず。勝ってお別れしたいところだったが・・・。

2002年は、自分も東京だったので、国立競技場に何度か足を運ぶ。
国立のアウェイ戦は、ホーム側の数に圧倒される。
数が少ない分、自分もがんばって、声を枯らした。
あ~、しかしJ1最下位。山瀬も浦和へ。

翌年からは、国立の試合がない分、ちょっと足が遠くなる。
それでも等々力のフロンターレ戦などに行く。
アウェイでも、サポーターはそれなりにいたが、なかなか勝てない。
目の前で、フロンターレ2位浮上の歓喜の姿を目の当たりにする。
ああいう時は、明暗が分かれる。

2005年、再び自分も厚別へ戻る。
しかし、強いコンサドーレはなかなか観られなかった。
それでも、ONE & ONLY

2007年、春先からいつになく好調。
今年は、もしかしたら行けるかも・・。
6月1日のとある会合で、今年は絶対J1へ行こうと乾杯の挨拶をした。
サポーターの飲み会でもなかったが、会場は盛り上がった。

戦力補強も見られず、目立つスター選手も見られないが、三浦監督の手腕は素晴らしかった。
堅守でシーズンを乗り切り、12月1日の最終戦で素晴らしい闘いぶり。

前節で首位をヴェルディに一時的に明け渡し、サンガも場合によっては自動昇格の可能性もあるという微妙な勝ち点。
終わってみれば、面白くしてくれるのもなかなかだった。

正直なところ、水戸に先制されたときは、雪の室蘭戦のイメージがちょっとだけ頭に浮かぶ。
前半のいいところで追いついた。
後半、再びダビの得点でドームは歓喜に包まれる。
さらに、電光掲示板に川崎の試合が引き分けに終わったことが知らされると、興奮は最高潮に。
厚別のJ2優勝以来、再びあの喜びが甦ってくる。

前回の優勝から間もなく、鹿島が強かった時代に鹿島ファンと「優勝っていいもんだね」と話をしたことがある。
J2といえども優勝の喜びは格別。
あちらはJ1優勝だが、一位というのは気持ちがいい。
これからも、ONE & ONLY

Viva!
コンサドーレ札幌!
d0017205_27646.jpg

by miyaforest | 2007-12-03 02:07 | つれづれなるまま